Skip to main content

環境経済・政策学会、環境法政策学会、環境社会学会は、 2024年7月6日(土)に合同シンポジウム「Nature Positive: 実現に向けた方策の検討」を開催します。


日時: 2024年7月6日(土)13:00~15:10
会場:オンライン(Zoom)
主催:環境経済・政策学会(幹事)、環境法政策学会、環境社会学会
参加費:無料
参加申込:後日ご案内します。

開催趣旨

生物多様性や自然資本の観点から、社会・経済活動による自然への負の影響を抑え、自然生態系の回復を目指す概念として、nature positiveという用語が用いられるようになってきた。2022年の生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)で採択された「昆明・モントリオール生物多様性枠組」では、生物多様性の観点から2030年までに
陸と海の30%以上を保全する「30by30目標」等の目標を定めたが、これもnature positiveに向けた手段の一つといえる。しかし、温室効果ガス排出量削減等と比べ、nature positive実現には問題固有の課題がある。そこで、本シンポジウムでは、日本国内のnature positive実現を目指す上での課題とそれを乗り越える方策に関して、環境関連の3学会の異なる学問分野から研究成果を共有し、検討する。

プログラム(予定)

13:00-13:05 開会挨拶 竹内 憲司(京都大学、環境経済・政策学会会長)
13:05-13:30 基調講演 石川 奏太(サンリット・シードリングス代表取締役)
「生物多様性の科学で挑むネイチャーポジティブの事例づくり」
13:30-13:45 講演1 松村 正治(中ヶ谷戸オフィス、環境社会学会)
「なぜネイチャーポジティブの動向に素直に喜べないのか?」
13:45-14:00 講演2 阿久津 圭史(株式会社日本政策投資銀行設備投資研究所、環境法政策学会)
「ネイチャーポジティブに向けた法政策的対応と課題」
14:00-14:15 講演3 篭橋 一輝 (南山大学国際教養学部、環境経済・政策学会)
「コミュニティから紡ぐNature Positive—— 豪州ランドケアの実践から考える」
14:15-15:00 パネルディスカッション 登壇者上記4名
ファシリテータ 梅津 千恵子(東北公益文科大学公益学部・京都大学名誉教授)
15:00-15:10 閉会挨拶 堀川 三郎 (法政大学、環境社会学会会長)

お問い合わせ

環境社会学会研究活動委員 藤原なつみ fuji.n[at]ip.kyusan-u.ac.jp