Skip to main content

環境三学会合同シンポジウム 「環境配慮行動とナッジ ― その可能性と陥穽」をオンライン(Zoom)にて、2022年7月9日に開催いたします。プログラム、申込方法等の詳細は、随時このページに掲載していきます。

環境三学会合同シンポジウム

環境配慮行動とナッジ ― その可能性と陥穽

開催概要

日時:2022年7月9日(土)13:00~16:00(予定)
会場:オンライン(Zoom)

趣旨

環境配慮行動を促す場合の手法として、近年、ナッジが注目されている。

すでに環境省などの行政機関においても政策遂行の補完的手段として、様々な場面での適用が進められつつあるといえる。ナッジは、個人の認知バイアスを背景として、これを外部から介入・制御することで、「望ましい」とされる行動や選択を誘導しようとする手法である。

今後、社会生活や政策にナッジが埋め込まれていく趨勢が見通される中で、いちど環境分野の社会科学研究者の視点からその可能性と陥穽に関して検討しておく必要があるのではないだろうか。たとえば、環境問題の種類に応じた適用可能性、価値観や政府への信頼との関連性、伝統知やローカル知との関連、自由や責任との関連など、様々な論点があろう。

ナッジに関してはそれぞれの学会で研究蓄積が必ずしも十分ではないため、シンポジウムでは、ナッジをめぐる可能性や課題の掘り起こし、更には今後の研究テーマの発見などを行うことに主眼を置きたい。

※プログラム、申込方法等の詳細は後日ご案内します。

幹事学会:環境社会学会

お問い合わせ先:研究活動委員・立川雅司 tachikawa.masashi[at]k.mbox.nagoya-u.ac.jp [at]を@に代えてください。