Skip to main content

機関誌『環境社会学会研究』

機関誌『環境社会学研究』について

環境社会学会は、活動の目的を「環境社会学の研究に携わる者による研究成果の発表と交流を通して、環境に関わる社会科学の発展および環境問題の解決に貢献すること」(会則第2条)と定めています。

『環境社会学研究』は、このような目的を実現していくための研究成果の発表と交流の場を提供するために、1995年秋に環境社会学会の機関誌として、創刊されました。

本誌は、環境社会学会編集委員会が編集を担当し、毎年秋に一回刊行されています。

購入方法

発売元もしくは書店から購入できます。(発売元:有斐閣)

有斐閣 Webサイト

投稿方法

投稿規定・執筆要項を参照の上、投稿をお願いします。

投稿方法
最新巻

環境社会学研究 第26号

2020年12月5日発行
B5判並製 / 192ページ
発行:環境社会学会
発売:有斐閣
定価:2,750円(本体 2,500円)
ISBN 978-4-641-49962-1

特集:気候変動と専門家

立石裕二 + 杉山昌広 + 福永真弓 + 富田涼都 + 長谷川公一

過去の掲載論文には、J-STAGEからアクセスできます。